司書とは 司書資格の取り方と求人情報

司書 図書館司書とは

司書とは、図書館で働く専門職員のことを言い
図書館内で利用する資料を選択して仕入れたり
分類します。
司書の仕事にはさらに目録の作成や一般的に
知られている貸し出し業務などをおこなっています。

司書の活躍の場所は、図書館ですがその図書館は
地方自治体が管理するものや、学校図書館や
民間で運営するものなど、司書の活躍の場所は
多岐にわたります。

図書館司書になるためには、一般的に、司書や司書補の
資格を取得する必要があります。

司書の資格は大学や短大で必須項目を学習したり
司書講習を受けることで取得することができます。

この司書の資格は図書館法に定義された公共図書館に
勤務することの出来る司書の資格のことです。
司書の資格は仕事につくためだけでなく、司書の
仕事をするために必要な知識を得るために必要な
知識を学ぶ制度でもあります。

司書の資格を取るためには、大学や専門学校等で
司書講習を受けるか、大学で司書資格の必須科目を
履修することで、司書資格を得ることができます。
また、3年以上の司書補の勤務経験があれば
司書講習を受けて資格を取ることもできます。

このなかで、最も一般的で人気があるのが司書講習を
受けて司書の資格を得るものです。
大学での夏期講習や合宿を受けるか、通信講座で
司書資格を取得するのが通常です。

他の職種からの転職や主婦の方への人気が多くなって
います。

通常司書資格を取得するためには、大学卒業資格が
必要になりますが、通信講座を利用して司書の資格を
取得することで大学卒業資格もあわせて得ることが
できるものもあり、高校卒業資格者でも比較的優位に
図書館司書の資格を得ることができるようになりました。
posted by 司書資格 at 08:41 | 司書とは